海外転勤と各種手続き

事の事情によって日本国内から海外支所や海外の系列会社へと転勤になった際には様々な手続きが必要となります。
公的手続きだけでも、国外転出届や国民健康保険の手続き、納税の手続き、パスポートの取得やビザの取得なども必要になります。
また、公的手続き以外の手続きとしては、電気やガス、水道といった公共サービスの契約を解消する必要がありますし、生命保険などの保険契約の見直し及び解約等を行わなければなりません。

住居や自動車といった不動産を所有している場合にはそれらの処分か、もしくは各種証明書が必要になります。
お子さんがいる場合には転校手続きや退学届なども必要になるなど、個人によって行わなければならない手続きが変わってきますので、海外転勤の前には、自分はどのような手続きを済ませなければならないか、チェックする必要があります。
どの手続きについても将来に大きく関係してくることになります。
面倒かもしれませんが、1つ1つ順番に準備を重ねていきましょう。

どの手続きも重要ですが、中でも重要なのは公共機関に対する手続きです。
国民健康保険の関係や納税に関する手続きなどは、しっかりと行わないと知らない間に不正をしていることになってしまう恐れもあります。
分からないことがあった際には専門家に相談したり、各地にある役所へ出向き、直接お話を聞いてみたりと、一人で悩まずに誰かに助けてもらうことをお勧めします。
準備を万全にして海外へ出向くようにしましょう。


[お役立ちサイト]
海外転勤中の自宅を貸し出すことが出来るリロケーションサービスのサイトです ⇒⇒⇒ リロケーション

Copyright © 2014 海外転勤の際の手続きについて All Rights Reserved.